WASISTOCKTSオンラインストア
入荷情報などはここからチェック!
【Sneaker Madness】WSTKTS Kicks information
ロックデザイン株式会社

時には敢えて逆行

ちょこっとサボタージュしてました。。

↑いや、2週間はちょこっとじゃあない、怠慢だヨこんにゃろう!!

 

 

マイカーを車検に出す⇒1週間後受け取り⇒その日の内に不具合発見⇒

再入院⇒未だマイカー帰ってこず⇒車検+修理費○○万円也 (。´Д⊂)チーン・・・

 

とまぁ実はこんな感じで、なかなか落ちておりまして。

 

 

いつの間にか10月、日暮れも早し。

秋の夜風は身も心も財布にも吹きっさらしております(笑)

 

 

 

ところで話は変わって、ちょっと前あたりから

バッシュなどにカーボンが使用されているの目につくようになりましたね。

 

 

 

『カーボン』…いわゆるカーボンコンポジット(炭素繊維強化プラスチック)の略ですね。

 

炭素繊維を使った繊維強化プラスチックで、高い強度と軽さが最大の特徴。

元々は宇宙工学や航空機なんかのハイエンドな一部でしか使用されなかった技術が、

最近では割と身近な自動車・自転車なんかにも使用されるようになってきました。

 

 

とはいえバッシュに使用されているのは、本物のカーボンじゃないですけどね。

焼き固めていないウエットカーボン、またはカーボン柄の生地を使用しているわけです。

 

本物のカーボンコンポジットは、加圧できる窯(オートクレーブ)で焼き固めたもの、

つまりドライカーボンのことをいいます。

 

 

 

ホント最近のあらゆる商品にウエットカーボンが使用されていますよね~。

 

やはり最大の特徴である強度と軽さ、

特に『軽さ』をその商品に印象づけられるのが使用される理由ではないでしょうか。

 

 

 

 

うちで最近入荷の決まった

NIKE LEBRON 9 "China Edition"にもカーボン柄が!

 

 

あとストックの中には、

NIKE LEBRON 8

Nike Air Max Sensation 2011

などにもカーボンがあしらわれています☆

 

 

でも…

 

 

実際には特筆して軽いモデルではないよ~な(笑)←オイッ

(NIKE LEBRON 9はどうか分かりませんが)

 

 

 

ま、決して重いわけではないですヨ。

 

ただ、軽さでいえば他にも更に軽いモデルは多々ありますし、

それらはカーボン柄使ってなかったりしてね。

 

 

 

ただ個人的意見としては、

ウエットカーボンだろうが、単なるカーボン生地だろうが、

カーボンを使用する以上は特筆軽くあって欲しいわけです。

 

軽さが全てじゃあないけど、

“機能に裏打ちされてカーボンを使った”

それが大事なことなんじゃないでしょうか。

 

 

 

でもま、我儘野郎の独り言と思って流してください(笑)

 

NIKE LEBRON 8Nike Air Max Sensation 2011

トータルバランスは良いですよね、もう絶対。

 

 

 

さて、かな~り久々の今日の小話。

 

今日はカーボンの話をして『軽さ』というところに着目しましたが…

あえて時代に逆行してスニーカーを『重く』しちゃうっての、どうでしょう?

 

 

バッシュに限らず、特に運動靴って『軽さ』を結構売りにしてますよね。

 

用途はいろいろですが、鍛えるためとかダイエットとかにもスニーカー履くでしょう?

 

 

なーんか小洒落たウエアなんか着ちゃって運動してる軽いスニーカーのCMとかありますが、軽いスニーカーで楽しちゃってどうすんのヨ!?

…て思っちゃったりするときもあるんです。

 

 

もうね、ドラ○ンボールのゴクウやピッコロのように

パワーアンクル効果を狙って重くするのもアリだと思いますよ。

 

それも、ただ重いんじゃなくて、

きちんと重さ別の付け替えできる重りをデザインに取り入れて。

 

「いよ~し、今日は片足300gいっちゃうか!」って

オジさんハリきっちゃうヨ、みたいな。

 

 

 

NIKEさん、いいですよ。このアイデア使っても(笑)

 

 

WASISTOCKTSオンラインストア

WASISTOCKTSオンラインストア